毎日新聞社のメディアサイトで「ぼくたちのことをわすれないで ロヒンギャの男の子 ハールンのものがたり」について取り上げていただきました

毎日新聞社のメディアサイトで2024年6月20日出版予定の「ぼくたちのことをわすれないで ロヒンギャの男の子 ハールンのものがたり」についてご紹介いただきました。

また、世界難民の日を前に、16日午前10時から館林市内の「シェアオフィス engine」で開催される、ロヒンギャの文化に触れるイベント「Culture Bridge Fes(カルチャー・ブリッジ・フェス)」にて、作者の由美村嬉々による読み聞かせを行う旨もご案内いただいております。